Kirari Loading

Post
Kirariだより

Kirari Top

POST投稿記事

< 子育てのポイント >

― 1歳の習い事:リトミックの効果、身につく力 ―

リトミックへのお問い合わせが最も多いのは1歳さんです。

今回は、1歳クラスでの活動内容、発達に寄り添った狙いやゴール、身につく力についてご紹介します。

1歳さんの発達心理

1歳という年齢は、歩けるようになり、劇的に視界が変わり、行きたい方向へ自分で移動できるようになり、泉のように湧き出る好奇心を存分に満たしたいという、「実験期」と呼ばれる時期です。

とにかく自分であらゆるものを手で触り、口に入れ、匂いを嗅ぎ、音を聴き、自分の目で確かめ、物事の仕組みを手あたり次第に実験してみたいという発達段階にあります。

危なっかしくて最も目の離せない時期でもありますね。

1歳クラスのリトミックのねらい

とにかくその好奇心を満たしてあげることがこの時期最も重要な大人の役割です。

よほど危険でない限り、いろんなことを試してみる機会を与え見守ってあげられるかどうかが、今後の集中力や意欲、創意工夫する力、想像力に直結するといっても過言ではありません。

そういうわけで、リトミックのレッスンの中でも、自分で鳴らせる様々な楽器を揃え、音を聴く経験を存分に楽しんでもらうことに注力しています。

最初にお手本を示すのではなく、まず本人に好きなように思う存分触って「実験」してもらい、楽器によって違う音が出ることをまず感じ、

大きい音が出るとき、小さい音を出したいとき、といった風にやがて自分で法則を理解しコントロールできるようになるための土台を充分に作ります。

少しのヒント

大人以上に感性が豊かで敏感なのが子供です。

自分を取り巻く世界は初めての事ばかり。本人のやりたいようにやらせてみるのが肝心です。大人の先入観、固定概念ほど子供にとって不自由なものはありません。

本人の感覚で思う存分実験させ、時々ちょっとした「ヒント」だけ与えてみる。そのときに重要なのは、多くの言葉ではなく、慎重に、ゆっくり、丁寧に、「見せる」こと。

この時期の子供は「模倣の天才」とも言われます。モデリング能力(真似する力)が突出しているのです。

目で見て、真似をして、さらにそこから自分で自分の引き出しを増やしていくのです。


リトミックスタジオ【kirari】では、こんな風に、年齢ごとの発達を細分化し、1年を通しお子さまの潜在能力を引き出します。

生のピアノに合わせて親子で体を動かすことで豊かな感情が育まれ、

おうちではできない多くの事を身をもって体験してみることで経験値は高まり、想像力も創造力も大きく成長します。

見学、体験のご希望はお気軽にこちらまでどうぞ♬

※ただいまコロナウイルス感染拡大予防の観点から全クラス休講としていますが、その間はオンラインレッスンにてサポートを行っております。詳しくはこちらをご覧くださいね♬