Kirari Loading

Post
Kirariだより

Kirari Top

POST投稿記事

< 子育てのポイントイベント/体験会 >

― リトミックいつから始めるのが効果的? ―

リトミックスタジオkirariでは、おすわりができるようになった0歳クラスから年長クラスまで、現在(2021年5月末時点)約30名のお子さまが在籍くださっています。

リトミックはいつから始めるのがいいですか?というよくお受けするご質問には、”始めるのに早すぎるということはない”といつもお答えしています。

始めるのに早すぎるということはない!ベビーリトミックの効果

なぜなら言葉もわからない0歳であっても、実は五感は大人の数倍も敏感だからです。初めて聴く音、初めて触る楽器、色鮮やかな様々な教具。それらが大きな刺激となって赤ちゃんの感性を豊かにします。

豊かな感性は、実は人生を幸せに生きるための力なのです。同じことを経験しても幸せを感じられる人とそうでない人がいるように、人生の幸福感は小さなことにも心が動く感受性によるところが大きいといっても過言ではないでしょう。

ママやパパと充分にスキンシップをはかりながら音楽と一緒に体を動かす経験はなおさらのこと、子ども自身の心の安定、自己肯定感にも直結します。

実際、教室にお越し頂いているお子さまたちはいつも音楽に合わせて体を揺らしたりキラキラした瞳で楽器を鳴らしてくれたり、毎回大きな成長を見せてくれています!

感性を育て、自信の源を築くリトミックは、始めるのに早すぎることはないという理由がお分かりいただけましたか?

キッズリトミックの効果

少しずつ親離れが始まり、2,3歳前後からは自分なりのこだわりが出てきたり、自分でやってみたいという欲求が最も高まったりする成長段階になります。
音と動きの一致を感じながら即興でその場で自己表現するリトミックは、そんな時期の子どもにとって毎回刺激の宝庫です。何しろ、自分で聴いて、判断して、〇と×にふるい分けられることなく自由に表現できる時間なのですから。

もちろん型の決まった音楽的なルールを教えるときもありますが、私が子どもたちに示すのはほんの少しのお手本とヒントだけ。
そこから子どもたちが自発的に感じて発見したり、出てきた意見を拾いあげてそれを実際の活動に活かしたりすることで、一方通行ではない学びの形【アクティブラーニング】を実践しています。

音楽の導入を学ぶだけでなく、人間的な総合力を育てたいという強い思いを教室運営に反映させています。

キッズコーチングを取り入れた指導法

大人から知識を教え込むのではなく、子どもたちのワクワクする好奇心、知りたい!という探求心に火をつけたい。そこから自分で答えを導き出してほしい。

正解は子どもの数だけあります。レッスンでは正解がひとつしかない問いを投げかけるのではなく、”あなたの正解を教えて!”というコーチングスタイルの質問で主体的な学びを深めます。

ぐんと知的好奇心も高まる4歳前後。こちらは年長クラスで使う教材です。
この日は3拍子のリズムを自分たちで作ってもらいました。自分の中から出てきたリズムをみんなで組み合わせてリズムのフレーズを合奏します。ひとつとして同じものがないリズム。
お互いのリズムに目を輝かせながら、みんなでワンチームとなって達成感を味わえる瞬間です。

このように、弊教室のレッスンではリトミック×キッズコーチングで子どもの才能を開花させます

どの年齢から始めても、その都度その年齢に応じたアプローチで子どもの可能性の芽を伸ばします。


リトミックスタジオkirariは、音楽の導入はもちろんのこと、子どもの指導のプロであるキッズコーチング講師資格を持つ講師による指導で、自信、自己肯定感、自己効力感を大きく高めることをミッションにしている教室です。

ただいま、無料体験レッスンを承っております☆
ご興味をお持ち下さった方はこちらをご覧ください♪

また、【親子の非認知能力】を高めることを教室理念に掲げ、大人向けのキッズコーチング講座も定期開催しています。(日本キッズコーチング協会認定講師資格を持ち、普段から子育て講座、講演、ラジオ出演、子育てメディアへの寄稿なども行っています)
どなたでもご参加頂ける、子育てのヒントとなる講座です。詳しくはこちら!