Kirari Loading

Post
Kirariだより

Kirari Top

POST投稿記事

< 子育てのポイント活動/メディアご連絡/その他 >

― キッズコーチングで子どもの才能を伸ばします ―

キッズコーチングとは

大人も子どもも、双方がぐんと前向きに成長していけるキッズコーチング。私自身が子育てにも教室指導にも取りいれ実践しているコーチング法で、一般財団法人日本キッズコーチング協会オリジナルの教育支援法です。

子どもは元気の天才。大人の役割とは、子どもたちそれぞれが持つ可能性を最大限に引き出す環境を整えることだけだと私自身も考えています。

気質心理学発達心理学という二大理論に加え、行動科学という実践スキル、これら3本の柱を土台にしたコーチング法がキッズコーチングです。子どもだけでなく、大人に対しても普遍的に広く活用できる方法です。

二大理論:気質心理学と発達心理学

【気質心理学】

気質心理学とは、誰もが生まれながらにして持ち合わせている個性、“気質”に着目し、その特徴を読みとくもの。その科学的根拠をベースとして、さまざまな気質ごとに可能性を引き出すためのアプローチのヒントとなるのが、キッズコーチングのコンテンツのひとつ、キャラクターコーチングです。

(子どもの気質を知り、コーチングに活かす方法、意味についてはこちらをご覧ください)

【発達心理学】

発達心理学とは、自己肯定感を内面で醸成するまでのプロセスを読みとくもの。一段ずつ階段を踏みかためて上っていくべきプロセスに着目し、子どもへのアプローチに活かすのが、キッズコーチングのもう一つのコンテンツであるステップコーチングです。

 

行動科学

行動科学とは、環境を整えることで子どもが自発的に、加えて継続的に、行動化できるようになるための科学です。口を酸っぱくして何度言いきかせてもうまくいかないのだとしたら、ぜひ大人は“環境設定を工夫する”ことに注力すべき。その法則を明らかにしてくれるのが行動科学という分野なのです。

こう言うとなんだか魔法のような気がしますね。

分かりやすい、有名な事例をご紹介しましょう。

生徒たちの制服の着こなし、身だしなみがだらしなく、頭を悩ませていたある高校でのエピソードです。何度教員たちが注意しても生徒たちがシャツをズボンの中に入れない状況が続いていました。

それが、ある仕組み、つまり環境設定の工夫をしただけでその日を境にピタリとその問題が解決した事例があったのです。

どんな工夫だったと思いますか?

実は、シャツの裾に生徒の名前を刺繡したというだけ。

生徒たちは名前がどこにいても見られるのを嫌がり、あっという間に身だしなみ問題の自発的な改善に繋がったというのです。

実は人は、どんなに何度も言い諭されても、言葉で受け取る情報は全体のたった7%に過ぎないと言われています。つまり、子どもに対して言葉で厳しく重ねて言い聞かせても効果がないというケースは、ある意味当然のことでもあるのです。環境を変えるだけで何倍もスムーズに問題は解決することも多いもの。その方法を提示してくれるのが行動科学なのです。

その子それぞれの資質を最大限に引き出し伸ばすコーチング法

生徒指導において

キッズコーチングは、これら3本の柱を土台にしたコーチング法。その子それぞれの気質と発達段階を見極め、今必要なアプローチ、最もその子の資質を引き出すスキルを内包したコーチング法です。

実際私自身も、生徒指導を始めた当初、リトミックに関する知識はあっても、子どもたちの意欲を引き出す指導、非認知能力(社会を生き抜く力。教育界では今最も注目され重要視されている力ですを育てたいと思ってもその方法は教わる機会がなく、軸が持てずにいました。

自身の子育ての経験やそれまでの指導で培った直感、勘といったもので都度対応を模索したり悩んだりしていたのが、キッズコーチングを実践することによってぶれない道しるべができ、ゴールとするものが明確になりました。

また生徒さまへの指導にも強い理念を持って臨むことができるようになり、ひとりひとりの才能を引き出すことに最大限の力を注げるようになりました。

それによって、生徒さまもそして親御さまも、自己肯定感を持ってそれぞれの個性を認め合える教室になり、今ではクラス全体が、「みんなで良くなっていこう!」という空気のうねりに包まれています。

 

子育てにおいて

また、自分自身の子育ても大きく変わりました。それまでイライラ、ガミガミ、過干渉の教育ママだったのが、子どもを客観的に見られるようになりました。

今も3人の息子を育てるひとりのママとして、誰と比較することもなく、本人の「楽しい!やってみたい!」という気持ちに最もアンテナを張って応援できるようになりました。そんなスタンスに変わったことで、子どもたちが伸び伸びと自己表現し、自分の見つけた夢にエンジン全開でチャレンジし続けるようになりました。子どもを自分の所有物のように思って、優秀でどこに出しても恥ずかしくないお利口な子に育てようとしゃかりきになっていた頃よりずっと、自分自身の幸福度も増しました。

まさに子育ては個育て(こそだて)であり、己育て(こそだて)でもある。毎日私自身も生徒さまたちに、親御さまたちに、息子たちに教えられながら進んでいます。

そして、それまでのリトミックスタジオkirariに加え、昨年(2021年)にはあらたにキッズコーチングサロンkirariを立ち上げました。

子どもは未来を作る主人公です。大げさに聞こえるかもしれませんが、日本を担う将来のリーダーたちに、できるだけ良い教育を、良いアプローチで提供したい。自分に自信を持って世界で活躍して欲しい。そんな大人があふれる未来であってほしい。

私にできる小さなこと、一隅を照らすことで社会のお役に立てたらという思いで、キッズコーチング×リトミックの両輪で、活動しています。

“子どものキラリと大人の強みを引き出し伸ばす専門家”として、【親子の非認知能力】を高めることを教室理念に掲げています。

それまで口コミ、ご紹介のみでお受けしていたのが、ありがたいことにここ数年でたくさんリクエストを頂くようになったこともあり、大人向けのキッズコーチング講座,子育ての個別相談(zoomでのオンライン相談 / メールまたはLINEでのメッセージによる相談 / 電話相談)も一般向けに本格的にスタートさせました。
(日本キッズコーチング協会認定講師資格を持ち、普段から子育て講座、講演、ラジオ出演、子育てメディアへの寄稿なども行っています)
ご興味をお持ちくださった方はどうぞお気軽にお問い合わせください。
詳しくはキッズコーチングサロンKirariホームページをご覧ください♪

 

また、リトミックスタジオKirariでは、音楽の導入はもちろんのこと、お子さまのキラリと光る才能を引き出すことを重要視し、加えて、親御さまの幸せな子育てをサポートすることをミッションにしている教室です。
無料体験レッスンも承ります☆
ご興味をお持ち下さった方はこちらをご覧ください♪